生命保険料の決まり方へ > 保険料は被保険者の年齢によって変わる

保険料は被保険者の年齢によって変わる

生命保険料は、加入する被保険者の年齢によって大きく変わってきます。

死亡保険を例にあげると、若者よりも高齢者ほど死亡リスクが高いため、保険会社が加入期間内に保険料を支払う可能性が高くなります。


支払う可能性が高くなるということは、保険会社も支払いに備えてなるべく多くのお金を被保険者から預からなければなりません。

反対に若い人は、高齢者に比べて加入期間の死亡リスクが低いため、期間内に若者が死亡し、保険料を支払う可能性が低くなります。

そのため、生命保険は、被保険者の年齢が若いほど、支払う保険料は安くすむのです。

 

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。