生命保険料の決まり方へ > 保険料は保障の大きさによって決まる

保険料は保障の大きさによって決まる

保障の大きさは、生命保険会社が、被保険者に対し、
支払う保険料を決定するおおきな要因のひとつです。

例えば、死亡保険であれば、もしもの時に受取人に支払われる金額が大きいほど、
保険会社にとっては、リスクが大きくなります。

そのため保険会社は掛け金を大きくすることで、そのリスクを軽減させるのです。

保障の支払い期間によっても変わる


医療保険を例にあげると、入院1日あたり、いくらのお金が支払われるか? また、支払う期間を何日間にするか? によって支払うべき保険料は異なります。

例えば、入院1日1万円が60日継続される医療保障と、入院1日1万円が90日間継続される医療保障では、生命保険会社が支払う金額(=リスク)も大きくなり、そのため、保険会社は保険料を高くすることでリスク(支払)に備えます。

つまり、保険料は保障が大きくなれば、高くなると覚えておきましょう!

 

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。